就職するなら「就職.NAVI」!!

HOME>面接前の準備

面接前の準備

実際に企業に訪問して面接する前にもいくつか抑えておきたいポイントがあります。
このページではそのポイントや面接前の準備について解説します。参考にしてみてください。

面接の種類

面接にもそれぞれの種類があります。ここでは、3種類の面接方法を紹介します。
あらかじめ自分が受ける面接の種類を知って受け答えの内容などを準備しておきましょう。
そうすることで本番で焦って実力が出せなかった、という最悪のケースは避けることができます。

スーツでびしっと決める!ビジネスマンの為のスーツを通販で購入!

個人面接
求職者と面接担当者が一対一もしくは求職者一人に対して企業側の面接担当者数人で行われる形式の面接です。あなた一人に対しての質問などが続くので他の面接に比べて緊張してしまいやすいですが、言い換えれば同じ場所にはライバルとなる求職者がいないので、思い切りアピールすることが可能です。自分の魅力を存分に発揮しましょう。一般的に面接の形式で一番多いのもこの形式です。折角ですので雇用のこといろいろ・Tips効いておくといいとお思います。
集団面接
求職者数人が一緒になって面接を受けるタイプの面接がこの形式です。面接担当者が求職者に対して質問をするのは通常の面接と変わりませんが、ときおり、面接をしている求職者全員に対して一つの質問をすることがあります。その時に注意したいのが、他の人と同じ無難な応えになってしまわないように気をつけましょう。それがベストな答えだと思っても、その中に自分の経験・考えを入れていくなどしてアピールするとよいでしょう。ただし、出しゃばり過ぎてしまうと逆効果になってしまうこともあるので、協調性も考えながら面接を受けましょう。企業もそこは見ています。
集団討議面接
上記の集団面接の中でも少し特殊なタイプの面接です。企業側の面接担当者は一つのテーマだけを与え、後は求職者同士でディスカッションしてもらう形式の面接です。ほぼ初対面の人たちの中にあって、「どれだけ自分の意見を伝えることができるか」「みんなの意見をまとめることができるか」「相手の意見を聞くことができるか」などの部分を見ています。聞く時と伝える時のバランスが難しい面接ではありますが、通常の面接に比べると自分を一番表現しやすいのもこの面接かもしれません。中には入社してイキナリ数人のグループのリーダーなどに抜擢されることもあります。

身だしなみ

人間は、その人の印象をほとんど見た目で決めてしまう場合が多いです。
そうでない人もいますが、つまらないことで減点されてしまってはもったいないです。
以下のポイントぐらいはしっかりとチェックして面接に臨むとよいでしょう。

  • 髪はしっかりと社会人らしいか?
  • 髭はきちんと剃られているか?
  • 上着やズボンにシワが入っていないか?
  • ボタンが取れかかっていたり、ほつれいる箇所はないか?
  • 靴は汚くなっていないか?
  • 爪は、伸びていないか?

一番大事なのはやはり「清潔感」という一点になってきます。どの企業でも不潔そうだったり、だらしがなさそうな人を採用したいと思うことはありません。ネクタイの柄なども派手なものを選んで失敗するよりは紺などの無難な色を選んだほうが良いでしょう。

面接に持っていくもの

手ぶらで面接に行く人はさすがにいないでしょうが、何でもかんでも持っていって、パンパンに膨らんだバッグを持っていくのも考え物です。面接には確実に持って行った方がよいものが幾つかありますので、それを挙げてみましょう。いざ面接に臨んだ時に困らないためにも最低でも前日には用意して面接当日の朝には最終確認するようにしましょう。

  • 履歴書・職務経歴書・学生証(学生の方は忘れずに)
  • ボールペンなどの筆記用具(できれば黒・赤のボールペン)
  • メモ帳(あまり大きすぎると邪魔なので適度なサイズのものをチョイス)
  • 印鑑(認印で構わない場合が多いです)
  • 時計
  • 財布
  • ハンカチ・ティッシュ
  • 地図目的地までの地図

上記でも、履歴書や財布などは当たり前に持っていくものなので大丈夫かと思うのですが、意外と持っていかないものが時計です。最近では携帯電話があるので、時計を持つ人が少ないのが原因かと思いますが、面接中に時間を確認する必要が出てきた場合、携帯電話を取り出すわけにもいきません。腕時計ぐらいはしていくようにしましょう。また、近場の場合は必要ありませんが、行きなれない所に面接に向かう場合、目的地までの地図を持っておくと、いざという時に焦らずに済みます。遅刻してしまっては、面接以前の話になってしまうので気をつけましょう。また上記とは別に、面接を受ける企業のホームページぐらいは前もって見ておきましょう。「弊社のHPは見ていただきましたか?」と結構面接で聞かれることがありますし、こちらから「貴社のHPを拝見させていただいた中でお聞きしたいことがあるのですが・・・」と使うこともできます。いずれにしても企業側の面接担当者は自分の会社に興味を持ってくれていることで悪い気はしないものです。