就職するなら「就職.NAVI」!!

HOME>履歴書の書き方

履歴書の書き方

「履歴書なんてどうでもいいや」なんて思っていませんか?
確かに面接に相当自身があるのであれば、多少履歴書でマイナスな評価がついても大丈夫かもしれません。
でも、一次が書類選考だったとしたら?あなたの印象は履歴書だけで決まってしまいます。
どうせ書くなら損をするより得をしたほうがいいですよね?
ここでは履歴書作成のポイントについて書いてみました。参考にしてみてください。

各項目

日付
履歴書の日付は、履歴書を提出する日付を書きます。西暦より年号を書くのが一般的です。
印鑑
履歴書に印鑑を押すという事は、自分が作成した書類に嘘・偽りがないと証明する為です。
インスタントタイプの印鑑は避け、ちゃんとした印鑑をおすようにしましょう。
写真
撮影して3ヶ月は有効ですが、できるだけ面接の前の日ぐらいの写真にしましょう。背筋を伸ばし、さわやかな明るい印象を与えられるようにします。写真の裏に氏名を書いておくと、はがれた時に誰の写真家がわかるので良いでしょう。
学歴
一番間違えることが多い部分かと思います。間違えてしまった時には、手間がかかってしまいますが、新しい履歴書に書き直すのがいいでしょう。最低でも修正液や修正テープで直すようにしてください。訂正線を引いて直すのは避けましょう。間違えてしまった履歴書は、とりあえず全部の項目を埋めて、今後作成する時の資料にすると良いでしょう。これだけで年月を間違えてしまうのを防ぐことができます。
得意な科目
個人的にあまり気にするところではないと思うのですが、しっかりと記入するにこしたことはないでしょう。面接先の企業に関係のありそうな科目の場合は細かく書くようにしましょう。
クラブ活動等
大会で良い成績を収めていた場合はそれを具体的に書くようにしましょう。特にない場合は、エピソードを交えながら、自分がどれだけがんばったか、そこなら何を感じたかを書いていくと良いでしょう。
趣味
単純に趣味を書いてもなかなか印象付けることはできません。珍しい趣味であれば相手が食いつくぐらい細かく書いてみるのもいいかもしれません。面接先に関連する趣味であれば、それを細かく書くようにしましょう。
特技
少し得意という程度の特技よりも、多少変な特技でも誰にも負けない特技を書きましょう。あまりに変な特技でなければ面接担当者もひいてしまうことはないはずです。むしろ興味を持ってくれればラッキーぐらいの気持ちで自信を持って書きましょう。
性格
自分の長所というのは自分ではなかなか気づきにくいものです。協力してくれる友人などがいるのであればどのような長所があるのかその人に出してもらうといいでしょう。その時に、どのような時にそう思ったかを言ってもらうようにしましょう。それを履歴書に書く時にはあくまで謙遜している感じで書いていくといいと思います。
自己PR
履歴書の中でもっとも重みを持っている部分だと思います。一次試験が書類選考の場合、ここでどれだけ企業に印象付けることができるかで合否が決まると言っても過言ではありません。コツとしては昔から今まで一貫して貫いていること書くのがよいと思います。例えば、小学校の時から続けている習い事があるであったり、仕事をすることで貫き通したい信念があることなどが良いでしょう。いかにこの人と話してみたいと思わせる書き方ができるかがポイントになってきます。
志望動機
これも重要になってくる部分です。ポイントとしては自分の言葉で自分が思っていることを書くということです。しかしそこに正直は含まれません。こういうと企業側に怒られてしまいそうな気がしますが、何もマイナスになるようなことまで正直に書く必要はないということです。また、面接の攻略本などに載っている文章をそのまま引用するのも避けた方が良いでしょう。面接担当者もプロですから、そのような書き方をしても恐らくバレ手しまう可能性が高いです。なので当サイトでも例文的なものは掲載していません。実際に書いていく内容としては、会社に就職したら何がしたいか、それをすることで会社にどのような得があるのか、というところを書いていくといいと思います。