就職するなら「就職.NAVI」!!

HOME>職務経歴書の書き方

職務経歴書の書き方

新卒の方や今まで働いたことのない人の場合は特に常用ではありませんが、中途採用の方の場合は履歴書よりもコチラのほうが大事になってきます。採用をする企業側では、学歴や趣味などが記載されている履歴書よりも、今までどのよう仕事をしてきてどのような実績を上げてきたかがわかる職務経歴書を重視するのは当然と言えば当然のことです。このページではそんな大事な職務経歴書の書き方について紹介してみようと思います。

デザインにとんだ名刺をお探し方へ!ビジネスマン必見のアイテム名刺を販売してます。
⇒ デザイン名刺の作成販売なら

職務経歴書の種類

職務経歴書の書き方には「編年体式」と「キャリア式」というのがあります。
どちらの書き方が有利であるというのは特になく、自分で書きやすいほうで決めてしまって構わないでしょう。というのは嘘で、面接に行く企業によって書き方を使い分ける必要があります。ここでは2つの種類の特徴を上げてみようと思います。

編年体式
編年体式の職務経歴書は、今までの職歴を時系列ごとでまとめて書かれている形式のタイプの職務経歴書です。 時系列にごとでまとめて書くタイプと言うことは、いつからいつまでどの会社にいて、いつ昇進したか。いつどのような実績(評価)を上げたかが相手に伝えやすいタイプの職務経歴書の書き方です。形としては履歴書の職歴の部分を更に細かく書いたものというイメージでしょうか。一般的に良く使われる書き方がこちらです。
キャリア式
キャリア式の職務経歴書は、これまでアナタが働いてきたなかで、自分が相手にアピールしたい部分を強調して書くときに良く使われます。どのような実績、スキルを書けば面接に行く企業にとって魅力的に映るかを考え、それに合ったものを特にアピールして書くタイプの職務経歴書の書き方です。企業が求めているキャリア、スキルをアピールすることができればかなりの確立で好印象をもってもらえるでしょう。しかし書き方にはコツが必要なので参考になる本などを買って書くことをオススメします。その際に文章までその本から引用しないようにしましょう。

職務経歴書の構成

職務経歴書は、アナタが企業に何をアピールしたいかを伝えるための書類です。もちろん氏名などの最低限必要な項目は書く必要がありますが、関係ないものまで何でも書いてしまっては意味がありません。何を相手に伝えたいかを考え、職務経歴書の構成を考えるといいでしょう。通常、一般的な職務経歴書の構成は大体以下の内容になるかと思います。

  • どんな会社で勤めていたか
  • どんな仕事をしていたか
  • どんな実績を残したか
  • 前職で身につけた能力やスキル
  • どんな理由で辞めたのか
  • 免許や資格の取得
  • 今後の仕事への姿勢(取り組み方)

この中で特にアピールしたほうがよいのは「どんな仕事をしていたか」「どんな実績を残したか」「今後の仕事への姿勢」でしょう。専門職や技術職の場合はこれに「これまでみにつけてきたスキル」も入れていくと良いでしょう。

重要項目の書き方

職務経歴書の中で重要になったり、場合によっては不利になってしまう項目のポイントです。
参考にしてみてください。

志望動機
もちろん企業に採用されるために面接に行くのですから、企業が採用したくなるような志望動機を書く必要があります。ほとんどの人は無難なところで「貴社の将来性」「自分が今までやってきたことが活かせる」という理由を書くことが多いようです。「貴社の将来性」はまず面接担当者に興味を持ってもらえることはないでしょう。「自分がやってきたことが活かせる」という理由ですが、具体的にどのようなことをしてきたのでどのように活かせる事ができるかを書くことができれば良い結果に繋がる可能性が高いです。例としては今まで営業をしてきて色々な方面にコネがあり、貴社に入社できればそれを使って新しい分野を開拓できるというような感じでしょうか。あくまで雇い入れることでその企業にメリットが生まれると期待させるような書き方を心がけましょう。
働いていない期間が長い場合
就職していない期間が長ければ長いほど再就職の時に不利になってしまうのは当然ですが、少しでも不利な状況にならないように職務経歴書を書くことが重要です。具体的に何を書けばよいかと言うと、「仕事に就いていない間何をしていたか(自分の不利にならないことを書く)」ということです。例えば、既婚者の場合は妻に変わって家事をしていたことを書き、家事の大変さ、子供がいる場合は子育ての大変さ、そしてそこから感じたことを書いてみたり、何か資格を取得している場合はその資格を取得するためにどれぐらい努力をしていたか、そして取得した資格を今後どのように活かしていくことができるかを書くと良いでしょう。